脱進機

脱進機

ゼンマイが発生し輪列を伝わってくる力を小刻みに放出させてゆく部分。「ガンギ車」「アンクル」「アンクル真」「ツメ石」「剣先」などの総称。

コーアクシャル脱進機、という機構は、通常4~5年に1度必要なオーバーホール(分解洗浄)が、10年に1度でいいと言われています。

3つのツメ石を持つアンクルや、2つのガンギ車が用いられるのが特徴で摩耗が少なく、注油がほぼ不要とされています。ガンギ一枚当たりの負担が少なれば当然壊れにくくなるなるため、オーバーホールの間隔も長くなるわけです。

下の写真のように3つの車が重なったものもあり、コーアクシャル・エスケープメントとも言う。