パネライPANERAI ルミノールマリーナLUMINORMARINA 修理 オーバーホール ブレス&ケースポリッシュ

修理ブランドPANERAI パネライ

パネライの特徴のリューズプロテクターから着想を得たベルトデザインは、ポリッシュ加工(時計のケースやブレスレットが鏡のように物を映し出すほどの仕上げ方。主にバフモーターを使用し、職人の手作業により磨き込まれるのが一般的。鏡面仕上げとも呼ばれる。)とサテン加工(金属部分の表面に細かな傷を非常に狭い間隔で付けることにより、映り込みを無くし方向性のある艶消し面に仕上げる加工方法。絹地(サテン)に似た質感を施すため、そのように名付けられた)が施されており、ベルトひとつひとつをマスキングし、バラしながら行いました。

新潟時計修理工房パネライPANERAIルミノールマリーナLUMINORMARINAオーバーホールポリッシュ

新潟時計修理工房パネライPANERAIルミノールマリーナLUMINORMARINAオーバーホールポリッシュ

こちらの画像が、加工後の写真になります。ケースやブレスをサテン仕上げとポリシュ仕上げを組み合わせることで、高級感をだしたり、美観を向上させたりすることができます。

新潟時計修理工房パネライPANERAIルミノールマリーナLUMINORMARINAオーバーホールポリッシュ

ベルト部分を拡大した写真です。細かいキズが多く付いてしまっている事がわかります。

新潟時計修理工房パネライPANERAIルミノールマリーナLUMINORMARINAオーバーホールポリッシュ

磨き終わりました。Yの字に見えるパーツはポリッシュ加工、その下に入り込むようにに組み合わさっているパーツはサテン加工を施しました。

両方のパーツを磨いたものの、その光沢の度合いに違いを加えたことで、加工前のものと比べてもメリハリが生まれている事が感じられます。

新潟時計修理工房パネライPANERAIルミノールマリーナLUMINORMARINAオーバーホールポリッシュ

こちらは左から、ベゼルとケース部分、そしてリュウズとその周辺をカバーするリュウズカバーになります。

パネライのルミノールマリーナは、文字盤にカレンダー機能が施されている時計です。そしてそのカレンダーは3時部分についていますので、より視認性をあげるためにガラスの一部分に加工が施されています。

新潟時計修理工房パネライPANERAIルミノールマリーナLUMINORMARINAオーバーホールポリッシュ

腕時計の裏ぶたを開けた画像です。バンドとケースを繋ぐラグ部分の汚れも、しっかり落としました。

ルミノールは巻かれたゼンマイのほどけようとする力で時計を動かす「機械式」時計ですが、そのゼンマイを手動で回す必要が無い、「自動巻き」を採用しています。

“ゼンマイを手で巻く煩わしさから解放されたい”という発想から生まれた自動巻きですが、そのメカニズムは、簡単にしくみを説明すると、「機械式のムーブメントに内蔵されたローターと呼ばれる半円形の金属部品が時計を装着した腕の日常動作によって自然に回転し、歯車に動きが伝わることで自動的にゼンマイを巻き上げてくれる」といったものです。

ローターは「PANERAI」の文字がプリントされているパーツのことです。実際に腕に装着し、日常生活をする際に起こる揺れに反応したこのパーツが、振り子のように揺れることでゼンマイを巻き上げます。

装着時には見えない部分なので、以外と仕組みを知らない方も多いのではないでしょうか?

(ちなみに自動巻き腕時計のことをオートマチック(automatic)と呼ぶこともあります。)

新潟時計修理工房パネライPANERAIルミノールマリーナLUMINORMARINAオーバーホールポリッシュ

全ての作業が終わりました。

時計のキズが気になり始めてきましたら、気軽にブローチ新潟時計修理にお越し下さい!

オーバーホール ¥27,000(税別)
ケース&ブレス ポリッシュ ¥10,000(税別)