OMEGA De Ville(オメガ・デ・ヴィル)のオーバーホール。

修理ブランドOMEGA オメガ

オメガ デ・ヴィルのオーバーホール依頼です。

このデ・ヴィル、よく「悪魔デビル」の意味だと思われることが多いのですが、それは間違いです。本来の意味は、フランス語で街を意味するものとなっております。

ドレスウォッチでケースとベルトが一体にデザインされています。デヴィルシリーズは薄型のムーヴメントが搭載されていて手首に乗ると上品な見た目になることで人気です。しかも金とシルバーのツートンが大人っぽくって逆に今旬な感じですね!

裏蓋を開けて状態を確認します。ムーヴメントにはオメガブランドのロゴマーク”Ω”と”1459B”と記載されています。これはこの機械の名称です。キャリバー1459Bを搭載しているという事ですね!前回メンテナンスしたデヴィルに搭載されていたムーヴメントと同じ型版です。こちらは既に現行(メンテナンスの際にこのモデルに搭載される最新化がという意味)と同じ最新型が使われているようです。

クォーツ時計の分解掃除オーバーホールは新潟市のブローチ時計修理工

見た目はキレイでしたが、オイルが乾燥していて歯車の動きが鈍かったことと、更に分解してみると内部にホコリも入り込んでいました。密閉性の高い腕時計の内部にホコリは通常はいりません、小さなホコリですが歯車と歯車の間に入り込んだりすると正確な時間を刻めなくなる可能性もあるのです。

オメガのデ・ヴィル シリーズは1967年に発売されました。DeVilleはフランス語で「街角」の意味。そこからも連想されるようにデ・ヴィルはドレスウォッチとしてラインナップされています。63年の開発段階であった当時はシーマスターの薄型バージョンで「シーマスター・デ・ビル」というネーミングで展開されていましたが、以降はシーマスターが防水のダイバー専用のプロフェッショナルウォッチとして確立され、一方のデ・ヴィルはドレスウォッチとして確立されました。オメガブランドの内部でも住み分けをハッキリしたモデルとして独立しています。

オーバーホール料金        ¥21.000

BROOCH時計修理工房ではクォーツ時計も定期的なメンテナンスをお勧めいたします。クォーツ時計は定期的なメンテナンスを兼ねた電池交換サービスを行っております。電池交換時に時計の裏蓋を開けて専門の時計師がお持ちの腕時計の状態を丁寧に検査いたします。電池交換は時計師が店頭に在中であればお待ちいただいているわずかな時間で終了する事が出来ますのでお気軽にお出かけください。