TAGHeurタグホイヤー オートマ3針カレラ WWZ11B-3 オーバーホール依頼

修理ブランドTAG Heuer タグ ホイヤー

TAGHeur(タグホイヤー) CARERRA(カレラ)初期の三針モデル WWZ11B-3 のオーバーホールの依頼です。

 

ライドオン!スピード。汗。強さ。1963年、ジャック・ホイヤーは、世界で最も危険なレースとして有名なモーターレース「カレラ・パンアメリカーナ」へのオマージュとして「カレラ」ウォッチを製作しました。

インスピレーション源のモーターレースと同じく、このウォッチは、伝統的な時計製造の常識を覆し、プロドライバーのために特別にデザインされた初のクロノグラフでした。しかし、よりシンプルでエレガント、そしてより視認性が優れたデザインのおかげで、日常生活のドライブに最適なウォッチとなりました。彼は時計製造のデザインの常識を覆しました。それ以来タグ・ホイヤーは、ファッションと機能を融合しています。カレラは、時間と競い、決してスピードダウンしないスピード狂や危険に挑む人々、夢想家たちを称える、そんな時計なのです。  

そしてそんなカレラの中で極めてシンプルなのがこちらの3針モデルではないでしょうか。

「カレラ」は長年かけて数回モデルチェンジをしていますが、オリジナルのDNAを継承しており、これが「カレラ」を際立ったウォッチにしています。

タグ・ホイヤーの3針ウォッチはクラス感漂う洗練さが融合したシンプルでエレガントなウォッチです。知られることを待ち望む、大胆な個性を内に秘めています。

 

そしてお持ち込み頂いたカレラ3針は今は珍しい初期のモデルです。黒い文字盤にシルバーの針がシンプルで高級感を引き立てるモデルですね。

タグホイヤーの時計修理オーバーホールなら新潟BROOCH

初期モデルである証に、文字盤には今のモデルにはない「automatic」の文字が刻まれています。

 

この度お持ち込み頂いたお客様は、6年前の11月1日に記念としてBROOCHにて時計をお持ちいただき、そして6年後の今年11月1日にオーバーホールとして時計をお持ち込み頂けました。

年月を過ごしてもカッコよく、日々日常に着く小傷が味を出すのも、この時計が高級時計タグホイヤーだからこそではないかと思います。

そんな長く使って頂ける大切な記念の時計を、今回また記念すべき日にお持ち込み頂けたことを嬉しく感じます。

今まで過ごしてきた大事な時間と想いでと、未来これから過ごすであろうお客様の特別で大切な時間を刻めるように、しっかりとオーバーホールさせていただきました。

また何か調節やメンテナンスが必要な際はぜひお立ち寄りください。