IWC オーバーホール&ポリッシュのご依頼です。

修理ブランド

今回は、IWC オーバーホール&ポリッシュのご依頼です。

1868年に時計製造の中心地であるスイスのシャフハウゼンで創業されたIWCの正式名称は、「International Watch Company(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)」。

創業者がアメリカ人の時計技師であるフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズであるため、スイスの時計ブランドではめずらしい英語名となっています。また、略称の「IWC」が正式名称として通っているという、あまりみられない時計ブランドです。

ドイツ職人らしい質実剛健な気質が特徴で、「見やすい」「正しい」「末永く愛用できる」といった、時計本来の価値を一貫して守り抜いていることもIWCを語るうえで欠かせない特徴で、クロノメーターを超える厳格さの自社規格を設け、それに通過した個体のみを商品化することに徹底しているそうです。

 

 

オーバーホールというのは、単に分解し汚れを除去するだけではありません。

分解と同時に、歯車の状態やゼンマイ・バネ・ネジ(クオーツ時計の場合はインシュレーターや回路の動作チェックなど)に至るまで破損がないか診断し、油切れによる摩耗、擦れ跡など入念にチェックします。パーツに破損が無い限りは基本的に元のパーツをそのまま使います。

異常が見当たらなければ、組み直して行くのですが、その際に時計内部で負担のかかる箇所、例えば、常に動き続ける輪列、パーツとパーツが接触する部分。こういった箇所ひとつひとつに油を指していきます。細かな調整をくりかえし、時計内部に油が浸透していき、全パーツが組み上がった時、その時計は正確に時を刻み始めます。

今回は同時にケース&ブレスのポリッシュを施していきます。

ブレスのコマは全てサテン加工です。

ケースも全面以外はサテン加工といった、スジの付け方で仕上がりの良さが変わってしまうので真っ直ぐ均等にを心掛けて磨いていきます。

ケースの表面に鏡面加工を施し、斜めの部分、脇は綺麗にサテン加工を施せました。

こういった鏡面部分が狭くマスキングが出来ないような部分は特に慎重に作業を行います。少しでも手がずれるとせっかく磨き上げた鏡面部分が台無しになってしまいます。

裏蓋でも手は抜きません。まわりは鏡面加工に、中心は円を描くようにサテン加工を施しました。

今回のご依頼は、オーバーホール&ポリッシュでしたが当店では電池交換、コマ調整、バンド交換など様々な修理を承っております。

機械式の時計は定期的な手入れをすれば一生ものであると言われています。もしお使いの時計に不調が出ましたら是非とも、一度ご相談にいらしてください。

IWC オーバーホール、分解掃除、ケース&ブレスポリッシュは新潟市 万代バスセンター2FBROOCH ブローチ時計修理工房におまかせください!

オーバーホール料金 ¥25,000(税別)
ポリッシュ料金 ¥10,000(税別)