OMEGA-オメガ- speedmaster Ref.145.0222 オーバーホール&ポリッシュ加工のご依頼です。

修理ブランドOMEGA オメガ

今回はOMEGA speedmasterスピードマスター オーバーホールポリッシュ加工のご依頼です。

「15~16年前にご購入されたそうで、クラスプが閉まらなくなった、風防にキズが付いてしまい磨いてほしい」とのことでお預かりしました。

オーバーホールというのは、単に分解し汚れを除去するだけではなく、分解と同時に、歯車の状態やゼンマイ・バネ・ネジ(クオーツ時計の場合はインシュレーターや回路の動作チェックなど)に至るまで破損がないか診断し、油切れによる摩耗、擦れ跡など入念にチェックします。パーツに破損が無い限りは基本的に元のパーツをそのまま使います。

異常が見当たらなければ、組み直して行くのですが、その際に時計内部で負担のかかる箇所、例えば、常に動き続ける輪列、パーツとパーツが接触する部分。こういった箇所ひとつひとつに油を指していきます。細かな調整をくりかえし、時計内部に油が浸透していき、全パーツが組み上がった時、その時計は正確に時を刻み始めます。

針のずれやインデックスのくもりなど、その他気になることがある場合は事前に教えていただきますと出来るだけご希望に沿うようなメンテナンスをさせていただきます。

一通り作業が終わり、クラスプの修理に取り掛かります。

クラスプを分解してみると。。。

OMEGAspeedmasterのクラスプバネ交換を新潟市にある時計修理工房BROOCHで行いました。

クラスプのプッシュボタンを操作するバネが折れていました。。これでは、プッシュボタンを突っ張らせることが出来ずクラスプの開け閉めが出来ないわけです。新品のバネに交換して修理完了です。

そして、ポリッシュ加工に移ります。

今回はケース、ブレスレット共にポリッシュ希望なので、腕が鳴ります!

まずは、ブレスレットですが、

五列バンドで真ん中の細い部分が鏡面仕上げ、他がサテン加工となっています。オーソドックスなタイプで磨きあがりの見栄えも良いブレスレットですが、細い部分の鏡面仕上げの際に気を付けなければ他のコマの形状を変えてしまう事もありうるので慎重に丁寧に磨いていきます。

鏡面加工とサテン加工のコントラストがキレイに仕上がったのではないでしょうか。

続いて、ケースのポリッシュ加工に入ります。

それぞれのパーツが綺麗に仕上がっても完成させたときのバランスが悪くては作業完了とは言えず、ケースのサテン加工の濃さとブレスレットのサテン加工の濃さがアンバランスだと統一感が出ません。もちろん鏡面の仕上がりもですが、全てのパーツを組み合わせ一体化した時の美しさを頭に置き、ポリッシュの作業を行います。

OMEGAspeedmaster 新潟市にあろ時計修理工房BROOCHでオーバーホール、ポリッシュ加工を行いました。電池交換などの修理も承っております。

機械式の時計は定期的な手入れをすれば一生ものであると言われています。お使いの時計に不調が出ましたら是非とも、一度ご相談にいらしてください。

オーバーホール料金 ¥35,000(税別)
ポリッシュ加工料金 ¥10,000(税別)