スタッフブログ

こんにちは!蒲田店スタッフTです!
私達は日ごろから沢山の時計の電池交換を承っていますが、
その中でも最近出会った可愛らしいキャラクターが描かれている時計をピックアップしました。

ちいかわの腕時計
ファンシーながらも上品に、ちいかわ達の描かれた時計

「ちいかわ」とは『なんか小さくてかわいいやつ』の通称でイラストレーター・ナガノさんが生み出した
小さなキャラクター達と彼らが送る楽しくもちょっぴり切ない物語です。

Twitter発の物語は2017年頃から発表されていましたが202年には講談社より単行本が出され、2022年にはフジテレビ系列でアニメ化もされています。
主人公の「ちいかわ」は言葉をほとんど発さずに表情や鳴き声?ともとれるような短い声を発してその感情や意思疎通を表します。

そんなちいかわの時計は表面に「ちいかわ」「ウサギ」「ハチワレ」と呼ばれる仲間たち(それぞれ被り物をしてるけど多分この子達)。
ちいかわ達の裏面にはさりげなく鎧さんの姿が描かれている
裏面には「鎧さん」と呼ばれるちいさくないサイズで複数存在し、ちいかわ達に仕事を斡旋したりする組織を形成しているキャラクターが描かれています。

金色のケースに白銀がかった盤面にゴールドカラーのインデックスと3針、星形の秒針がファンシーながらも上品な雰囲気を演出していて、
ちいかわの世界観を詰め込んだ一品になっているような腕時計でした。

EPSONのスマートキャンバス「ミッキー&ミニー」
EPSONのスマートキャンバスは様々なキャラクターシリーズがあり豊富な時計表示や壁紙で見る者を楽しませ続ける

こちらは沢山のキャラクターシリーズのあるEPSONのスマートキャンバスと呼ばれる時計です。
ディズニー以外にもムーミンやスヌーピーのシリーズも出していて選べる種類があるのも嬉しい時計です。

モノクロ液晶画面がとても良い味を出していて、カラー以上に高い解像度と高級感でキャラクター達を鮮明に映し出しています。
時刻合わせ等の設定も簡単で一度覚えればすぐに使うことができて困ることはありません。

何よりも時刻表示や壁紙の種類もいくつか選べるようになっていてファンにとっては
腕元のお供にずっと着けていられるような時計になっているのが嬉しいポイントではないでしょうか。


海外から来た「となりのトトロ」腕時計
海外で売られていたトトロの時計アイコニックで愛らしくまとまっている

最後はジブリの永遠の名作「となりのトトロ」のトトロです。
こちらの時計はドイツからいらしたお姉さんが子供の頃から大切にしているとお持ち込み頂きました。

ジブリの作品は国外でも人気でキャラクターグッズも日本のように広く販売されているのですね。
日本発のキャラクター時計が国外で人気を得て、それをお持ちの人が大切に日本に持ってきていると考えると少し感慨深くもあります。

時計が止まってしばらくそのままにしていたそうで壊れていないか心配されていましたが、
電池交換を行って無事に動き出してオーナー様も安心していました。

万一動かなくなってもオーバーホールを行いパーツ交換すれば再度時を刻み始めます。
時計が動かない、遅れを感じる等の不具合を感じたら是非ブローチ時計修理工房までお問合せ下さい。

特にキャラクターの時計って子供の頃の思い出が詰まっていたりして大人になってからこそ大切に動き続けてほしいって思いませんか。
私たちなら、そいういった皆様のお力にきっとなることができます。ご相談からでも、是非お気軽にご来店下さい。お待ちしています!

カルティエ修理はブローチ時計修理工房へ

ブローチ時計修理工房阿佐ヶ谷店です。
本日ご紹介するのは「
カルティエ マストタンク」です。
1970年代、ルイシリーズのうちの一角として誕生したのがマストタンク。カルティエというとシルバーダイアルにローマンインデックスを配したデザインが多いですが、マストタンクの魅力のうちの一つは豊富なダイアルデザイン。インデックスのみならず、カラーバリエーションなど変化に富んだ様々な表情を楽しむことができます。ちなみに現行のカルティエウォッチはロゴにブロック体が用いられていますが、マストタンクは筆記体。一方でベゼルに無駄な装飾はなく、クォーツを搭載した薄型で、華やかなシーンにもシックなファッションにもエレガントな演出を可能に。近年ではレディースであってもスポーツラインが多い中、まさに由緒正しい正統派ドレスウォッチと言えます。カルティエが世界中のみなさんから支持を得られる理由は、こういったいつの時代にも通用する審美性のがあるからではないでしょうか。

カルティエ(Cartier) マストタンク
カルティエマストタンクのアンティークウォッチ

カルティエウォッチといえばタンクシリーズ。おしゃれなタンクフランセーズ、縦長なタンクアメリカン、薄型・フラットで上品なタンクソロ・・・ジュエラーらしく豊富に派生モデルを持っていますが、いずれもタンク―戦車―をモチーフとしたスクエアシェイプのケースが特徴です。

Cartierアンティークウオッチを販売中

カルティエオーバーホールはブローチへ

ブローチ時計修理工房阿佐ヶ谷店では、Cartierアンティークウオッチを販売中です。金文字でカルティエのロゴが入っただけの極めてシンプルな文字盤にゴールドの針がとても引き立つデザインで、上品でエレガントな雰囲気が感じられます。ケースはシルバー925の銀無垢に20ミクロンの厚いイエローゴールドをコーティングしたものです。リューズにはこの時計のシンボルでもあるブルーサファイヤが使われています。付属品はCartier刻印入りの外箱と取扱説明書になります。

おすすめの1本

カルティエアンティークウォッチはブローチへ

ルイ・カルティエ自身がデザインを手がけ、さらに自身も愛用していた「タンク・ルイ・カルティエ」シリーズ。ベルトを付け替えることのできるタイプがほとんどですので、中古にありがちな使用感も少なく済み、それでいて「カルティエ」というステータス性は申し分なし。初めてカルティエを持つ方にも、何本か所有していて、ちょっと違ったカルティエウォッチが欲しい、という方にもおすすめできるシリーズです。

 

こんにちは、BROOCH時計修理工房 蒲田店 スタッフNです。
今回ご紹介するのは、1960年代 ULYSSE NARDIN(ユリスナルダン)の手巻き式腕時計A1180です。

ULYSSE NARDIN(ユリスナルダン)のA1180の正面から見た画像です。

ユリス・ナルダンは1846年にスイス ル・ロックルにて創業された老舗ブランドです。
2022年で創業176周年。
なお、多くのブランドが二度の世界大戦やクォーツショックによって休眠を余儀なくされる中、ユリスナルダンはブランドの歴史を紡ぎ続け、一度たりとも歩みを止めずに今日まで時計製造を行ってきました。
創業当初から航海用のマリンクロノメーターの開発に尽力し、その高精度製品は日本を含む各国の海軍や船会社で航海の重要な役割を担う存在となりました。

マリンクロノメーターとは


航海時、船に載せられていた時計のこと。
正確な緯度・経度から船の現在位置をしっかりと把握するためには、波の揺れや海上の温度変化,そして湿気に影響されない高精度時計が求められたのです。


 

ユリスナルダンのマリンクロノメーターの精度・性能は当時頭一つ抜きんでており、世界中の博覧会やコンテストで賞を獲得してきた背景も持ちます。
また、1878年にパリ万国博覧会で金賞を獲得しており、19世紀当時からのユリスナルダンの、時計製造技術力を垣間見ることができるでしょう。
20世紀に入ってからは海軍向けに開発した「マリーン・デッキ・クロノメーター」が高い評価を集め、その名声を確固たるものとしました。
こういった歴史的背景から、今なおユリスナルダンはマリンクロノメーターのデザインをコンセプトにしているモデルが少なくありません。

ちなみに懐中時計製造でも名を馳せており、明治天皇もユリスナルダン製品をご愛用されました。

ULYSSE NARDIN(ユリスナルダン)A1180の丸みを帯びた風防が可愛らしいですね!

スタンダードで使いやすいラウンド型のシルバーカラー、盤面カラーブラックに白文字で書かれたローマ数字のインデックスにシルバーのシンプルな2針に176年続いている航海用のマリンクロノメーター開発のノウハウがギュッと詰まっていると思うと、海のロマンを感じます。

ULYSSE NARDIN(ユリスナルダン)を象徴するイカリマークです。

1960年代のアンティークものですが、内部のメンテナンスのオーバーホールや、見た目がピカピカになる外装磨きのご依頼もお任せくださいませ。

少しでも気になりましたら是非ブローチ時計修理工房へお問合せ下さい。
海のロマンを感じたいお客様、お待ちしています!

ULYSSE NARDIN(ユリスナルダン)A1180のフィットする装着感はたまりません。


 

蒲田店の外観

BROOCH時計修理工房では、オーバーホール(分解洗浄ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨きだけでなく、電池交、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。
また、修理だけでなくアンティークウォッチの販売、革ベルトの販売、ベルトオーダーなどの販売も行っております。
ベルト交換やアンティークウォッチの購入の際はBROOCH時計修理工房までお越しください。
大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。
ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

ティソ今回紹介する阿佐ヶ谷店のアンティーク時計は【TISSOT】ティソ ヘリテージBANANAウォッチです


こんにちは ブローチ時計修理工房阿佐ヶ谷店で御座います。今回当店で販売しているアンティーク時計、紹介させて頂く商品は【TISSOT】ティソ ヘリテージBANANAウォッチです。

レクタングルケースの
小さな世界に創造された
完璧なハーモニー

「バナナ・ウォッチ」は、ロマノフ王朝からの依頼に起源をもち、貴族の間で絶大な支持を得た伝説のモデル。19世紀末から20世紀初頭にかけて登場したアール・ヌーヴォー様式の特徴である、草花や昆虫をモチーフとした自由で柔らかい曲線的造形を取り入れています。 直線的なケースシェイプは、「バナナ・ウォッチ」の呼称の由来となった曲線が秘められ、ケース自体を大きく緩やかにカーブさせるという大胆な発想によって、手首の柔らかな曲線に優しく寄り添い、着用感を高めています。【公式サイトより】
ティソ 裏蓋当店のティソ。画像は裏蓋8点のネジ止めでしっかりとした堅牢性を実現しています。
横

特徴的な湾曲ケース

手首に吸い付く様にフィットする独特なケース


実際に装着してみるとその独特な形状からくるフィット感がとてよ良い感じです。またケースも長さ50㎜と大きくしっかりとした迫力がある為存在感は抜群。お洒落で目立つ事お間違いなし。心地良いフィット感やシンプルでいて個性的なスタイルを備え、男女、世代を超えて使用ができるバナナ・ウォッチはどんなシーンでも装着した人を楽しませてくれる時計です。

尾錠にはしっかりtissotの文字

100年以上の歴史を持つヘリテージ バナナ


ティソバナナウォッチの歴史は古く、100年以上もの歴史を持ちます。誕生は1916年でたロマノフ王朝が依頼し、発売直後から貴族たちの間で絶大な支持を得ておりました。しかし翌1917年ロシア革命をきっかけにバナナウォッチのは生産が終了。初期モデルはわずか1年のみの伝説のモデルとなりました。そして100年の時を経て蘇ったティソヘリテージバナナはティソのシンボリック時計として現在も愛されています。バナナ・ウォッチが1世紀以上を経たいまも高く支持される理由はどこにあるのでしょう。それは唯一無二のオリジナリティであり、不変であるということです。変わらず愛され続ける、支持され続けるとは間違いなくヘリテージバナナが素晴らしいデザインの完成された時計である証なのです。

実物は是非ブローチ時計修理工房阿佐ヶ谷店まで


ブローチ時計修理工房阿佐ヶ谷店では数多く魅力的なアンティーク時計をご用意しております。今回紹介させて頂いたティソもその一つです。是非実物を見て頂いてその存在感を確かめてみて下さい。ご来店お待ちしております。

いつも注目が集まる競馬というスポーツ
乗馬競技に力を入れているロンジンの時計

近年若い人にも話題となっているコンテンツ「ウマ娘」が火付け役となって盛り上がりを見せているように見える日本競馬界。
少し上の世代になるとテレビで特集を組まれたり武豊さんがとんねるずや杉本清アナウンサーと共演して数々のバラエティに出演したり木村拓哉さんがJRAのCMに出演したり、
ゲーム「ダービースタリオン」で競走馬育成のシュミレーションを家庭で楽しんだりと昔からその人気は変わらない界隈のようにも感じます。

競馬はギャンブルという側面を持つ一方で純粋にその速さを競うスポーツの側面もとても大きいものです。
G1レースとなればその速さの計時の責任が強くなりますが11月に行われる日本のG1レース「ジャパンカップ」の公式計時は誰が行っているかご存知でしょうか。

日本競馬とロンジン
有翼の砂時計ロンジンのロゴ

ロンジンは1869年から馬術へのサポートに注力していて19世紀の終わりごろにはヨーロッパやアメリカで
ストップウォッチやクロノグラフで馬術競技の計測を担当しはじめ、次第にそのサポートの手が広がっていったそうです。

またロンジンは馬の協議に「エレガンス(優雅さ)」「トラディション(伝統)」「パフォーマンス(行動)」の3つの価値観を見出していると言います。
パフォーマンスに関しては馬の演技や競争の速さに焦点を当てたものではなく、競馬場に赴く人々が身に包むファッションにもリンクし共有することまで意味するそうです。

そんなロンジンとジャパンカップは2014年からパートナーシップを取り公式計時もロンジンがサポート、
2016年にはアメリカのTVドラマシリーズ『メンタリスト』で主演を務めたサイモン・ベイカー氏がアンバサダーとして来日したりと厚いサポートを行っているのがわかります。

日本ダービー2022注目の馬
クロノグラフ機能搭載の腕時計で是非お応援馬を測ってみませんか

本日5/29(日)開催の日本ダービーはジャパンカップとほぼ同条件の東京競馬場での芝2400mです。
今年今後のレースの有力馬を見極めるのにも注目されるレースでもあるようですが、とある理由で注目される馬が1頭いるようです。

それが「オニャンコポン」です。猫を連想させるような愛らしい名前をしていますが、その由来は”西アフリカ・ガーナ地方に伝わる神様の名前”とのことです。
彼の血統をよくよく見るとお父様は「エイシンフラッシュ」、お母さまは「ヴィクトワールピサ」と良血統の正にサラブレッドだったのです。

人が応援したくなる馬はもちろん1位を取ってくれそうな早く強そうな馬もあるでしょうが、名前だったり、見た目の雰囲気だったり、
いつも惜しいところで結果を出せない…そんなところに共感したりとさまざまあると思います。

もしあなたが応援したい、そんな馬がいればお手持ちの時計でどのくらいの速さで駆け抜けるのか測ってみてはいかがでしょうか。
短くも応援してると実感できる大切な瞬間になる、きっとそう思います。

もし時計をお持ちでない、持ってる時計が動かない・遅れている、そんなお困りごとがあればお気軽にご相談下さい。
もしも、もしも大きな勝利を納めましたら記念に時計を購入するのも良い思い出になるかもしれません。
店頭にアンティーク時計を置いてお待ちしています

運営会社について

閉じる