スタッフブログ

いつもありがとうございます。
ブローチ時計修理工房万代店です。

夏至も過ぎ、徐々に夜が長く、深くなってくるこの頃皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は日本では知らない人はいないほど有名なイタリアの高級ラグジュアリーブランド GUCCI(グッチ)の時計について簡潔ではありますが、ご紹介させていただきます!

GUCCIとは


グッチは、グッチオ・グッチ(Guccio Gucci, 1881年 – 1953年)が1921年に創業したイタリアのファッションブランド、および同ブランドを展開する企業です!
バッグ・靴・サイフなどの皮革商品をはじめ、服、宝飾品、時計、香水などを幅広く手がけ、ブランドの元祖と呼ばれています。世界で初めて、品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。

時計は、革新的なイタリアのデザインと最高品質の素材を用いて、卓越した技術水準で世界に名を馳せるスイス時計職人のクラフトマンシップによって製造されています。

「最上の伝統を最上の品質で、しかも過去のよいものを現代に反映させる商品づくり」をコンセプトとしており、パーティ用からカジュアル用まで素材や色・形など様々なものが存在しています。

代表的な時計ではロングセラーのGクラスやダイヤルカラーが人気のGタイムレスなどがあり、昨年ブランド創設100周年を迎えた際にはブランド初のオリジナルムーブメント”GG727.25″を開発するなど時計カテゴリーにおいても近年はより一層力を入れ始めています!

当店でオーバーホール(分解洗浄)・電池交換でお預かりした様々なGUCCI(グッチ)の時計をご紹介!


緑の文字盤と赤のベルトが、1950年代に誕生したシェリーラインを彷彿とさせるコインウォッチとなっており、GUCCI(グッチ)らしい色使いの時計でした!

こちらはオールドグッチでもある、グッチチェンジベゼルウォッチです。

その名の通り蒼いベゼルが取り外し可能となっており、気分に合わせてベゼルの色やデザインを変えることが出来るアクセサリーとしても有用な時計となっています!

こちらはGータイムレス ウォッチとなっています!

光の反射を抑えるギョーシェ彫りのブラックダイヤルに、ビー(蜂)、スター、ハートといったグッチのシグネチャーモチーフが施されている時計となっています!なので、GUCCI(グッチ)の個性的なデザインをよりシーンを選ばずにお使いになれる時計です!

このように、お預かりした時計だけでも様々なデザインや色・機能を持つ時計をファッションブランドの視点から作り続けているのが、このブランドの大きな魅力となっています!GUCCI(グッチ)の時計を知らなかった方もこの際に一度お気に入りの時計を探してみてはいかがでしょうか?

当店では、GUCCI(グッチ)のオーバーホール(分解洗浄ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨きだけでなく、電池交、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。もしGUCCI(グッチ)の時計でお困りごとがあれば是非当店までお越しください。

〒950-0088 新潟県新潟市中央区万代1丁目6−1 シティバスセンタービル 2F

新潟での時計修理はブローチへ


BROOCH時計修理工房では、オーバーホール(分解洗浄ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨きだけでなく、電池交、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。
また、修理だけでなくアンティークウォッチの販売、革ベルトの販売、ベルトオーダーなどの販売も行っております。
ベルト交換やアンティークウォッチの購入の際はBROOCH時計修理工房までお越しください。
大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。
ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

 

1860年、ジョヴァンニ・パネライによってフィレンツェに「オフィチーネ・パネライ」を設立。
時計工房兼フィレンツェ初の時計学校が誕生する。
イタリア海軍のための時計メーカーとしてスタートし、歴史上初めて軍事用のダイバーズウォッチを作ったと言われています。
数多くの技術は世界中で評価され、またイタリアならではの高いファッション性で数多くの著名人に愛され、不動の人気を得ています。
パネライの代名詞でもある『デカ厚』は瞬く間に一大旋風を巻き起こし、他ブランドも挙って主要モデルのサイズアップに踏み切ったのは記憶に新しい。
近年では完全自社製のムーブメントを次々に発表しており、ファッション時計の枠を飛び出し、マニュファクチュールブランドへと進化を遂げています。
代表的なモデルは「ルミノール」「サブマーシブル」「ラジオミール」「ルミノール1950」などがあります。



パネライの歴史を振り返ると、1936年にイタリア海軍向けにラジオミールが試作され、その後ラグやリューズの形状が変更されて、1950年頃にルミノールとして進化したと言われています。
こういった背景から見ても、パネライの中でもラジオミールはクラシカルなライン、ルミノールはよりモダンなラインという位置づけです。
パネライは「デカ厚」のイメージを持たれる方が多いと思いますが、実は薄型の時計もあります。その薄型パネライのほとんどがラジオミールから発表されています。  
このように見た目は非常によく似た2つのモデルですが、分かりやすいデザインの違いがあるということが分かります。
あと、ルミノールには「ダイバーズ」モデルの「サブマーシブル」という派生デザインもあります。  



ルミノールかラジオミールかを選らんだ後は、「従来ケースデザイン」か「新型ケースデザイン」か選ぶ必要があります。
文字通りですが、近年、ルミノールにもラジオミールにも新型ケースデザインが投入されたのです。

ルミノール1950は1950年代当時のルミノールに着想を得て造られており、ルミノールに比べ立体的なデザインが特徴です。
また、リューズプロテクターには「REG.T.M.」入っており、これはパネライがリューズプロテクターの特許を取得していることを示しています。
さらに、ルミノール1950にはルミノールの日付モデルに採用されている日付拡大レンズがないので、拡大レンズを好まない方にもおすすめです。


BROOCH時計修理工房では、オーバーホール(分解洗浄ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨きだけでなく、電池交、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。
また、修理だけでなくアンティークウォッチの販売、革ベルトの販売、ベルトオーダーなどの販売も行っております。
ベルト交換やアンティークウォッチの購入の際はBROOCH時計修理工房までお越しください。
大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。
ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

 

ブローチ時計修理工房で販売中のオメガ

目的と事情に合わせた時計店選び


こんにちは!ブローチ時計修理工房阿佐ヶ谷店です。「高級腕時計を扱う店は数多くありますが、その特徴は様々。まずは自分の目的に合った買い方を知ることから始めましょう。」という事で前回ご紹介させて頂いた【正規店~並行店~リサイクルショップ編】に引き続き、今回は量販店~質店~ネットオークション編をご紹介致します。自分に合った時計を見つける為にどんなお店を選べばいいのか?どんな種類があってどんな方法があるのかをご紹介いたします。それぞれにメリット、デメリットが御座いますのでご参考にしてみて下さい。

量販店


ディスカウント価格とポイント制度が魅力。アクセスの良い場所に多く、気軽に利用できる。

広大な売り場に家電製品やカメラ、衣料品などが並ぶ量販店には誰もが一度は訪れた事があると思いますが、腕時計に関しても幅広いラインナップが揃っています。有名な海外ブランドは大体網羅してますし、定番の品から人気モデルまでが並んでいます。流通ルートは並行店とほぼ同じで販売価格は正規店よりも安く、一般的な並行店よりは高めです。ただし、量販店ならではのポイント還元サービスなどがある為、実際には更なる値引きがあったりします。国産の時計などは正規品や並行品との差は無い為量販店で購入するのが良いです。普段から利用している量販店なら、貯まっているポイントを利用してさらに安く購入する事も可能です。

質店


長い歴史と地域密着の安心感。王道との言える品揃えと値頃感に魅力を感じるファンも多い。

質屋と言えば「品物を預けてお金を借りる」というイメージがありますが、実はリサイクルショップの様な買取も行っています。ユーザーの持ち込んだ物を仕入れる為に品揃えはやや不安定ですが、一般的には有名ブランドの人気モデルを中心に販売している所が多いようです。鑑定もしっかりしており、腕時計については保証書や付属品などが揃っている場合が多い。ただ、あくまでも中古品ですので購入する側にもある程度の知識や目利きが求められます。その他保証やアフターサービスなどは余り期待はできないでしょう。

ネットオークション


誰でも手軽に利用でき商品検索も簡単。個人売買に抵抗がなければよい買い物ができる可能性があります

インターネットの普及と共に登場したネットオークションは、今では商品を購入する上での選択枝の一つになりました。不用品を売る人、それを買う人で成り立っている構造はリサイクルショップと同じですが、こちらは個人間での取引が原則となります。よって保証や修理などのアフターサービスは無く、商品状態も出品者によってはまちまちになります。また、パソコンやスマートフォンなどの画面上でしか商品の確認ができない為手元に届くまでは不安が残ります。トラブルを避けたい人には不向きな購入方法と言えるでしょう。しかし中間マージンが無いメリットはとても大きく、ショップよりも格安で購入できるケースが多い為、慣れた人にとっては需要の大きい購入方法ではあります。また、インターネットならではの検索性の良さも魅力で、商品名や価格、年式など様々な条件で探せるのは魅力の一つです。また腕時計のケースや風防、リューズなどのパーツや箱、取り扱い説明書だけを買いたい場合にも便利です。

運命の1本を探す楽しみ


今回は前回のご案内と合わせて購入する際のお店選び6パターン程紹介させて頂きました。時計を購入する際のご参考になれば幸いです。お店選はどんな買い物をするにも楽しみの一つですので、色々なお店を廻って運命の1本に巡り合えればと思います。

ロレックスデイデイトref118238のオーバーホールもポリッシュもブローチ時計修理工房へお任せ下さい

ロレックス(ROLEX)修理事例

BROOCH(ブローチ)時計修理工房神田店です。夏は腕時計のベルトに汗がついてしまい、ベルトや金属部分にカビや錆がついてしまったりとトラブルが起こりやすい時期。そのため、腕時計の着用をしない方もいらっしゃるようです。しかし、夏こそ腕元が見えるファッションが多いため腕時計をつけてほしい!本日は夏でも腕時計を楽しむためのポイントをお話します。


こまめなお手入れがポイント

夏の腕時計トラブルの原因の大半は「汗」です。手首に汗がたまることでベルト部分や金属部分にカビが生えたり、錆が出たりすることがあります。
汗は酸化しやすいため、金属ベルトの場合は汗がつくと錆が出てきてしまうのです。そのため「毎日清潔に保つ」ことが大切。以下を意識して夏の腕時計を楽しんでください!

①腕時計を使用後は汗を拭き取る
②ベルトクリーニングを行う
③ベルトの長さを緩めに調整する

なんといってもこまめなお手入れが大切。汗をかいたらすぐに拭き取っていただきたいです。しかし、スタッフの性格では汗かいてすぐのこまめに拭き取るなんてできません(笑)なので、その日の終わりに汗を拭き取るのを習慣化しちゃいましょう♪1日1回であれば、そこまで苦ではないですよ!
金属バンドは洗浄もおすすめ。ご自身で金属バンドのメンテナンスでは、柔らかくて吸水性のある布で汗を拭きとり、柔らかな歯ブラシ(子供用歯ブラシでもOK)で隙間の汚れや汗をかきだします。洗浄後はしっかりと乾燥させてください。当店でも¥2,000円~より行っております。細かい汚れも落としてくれるので、洗浄するだけでも金属の曇りがとれてピカピカになります。皮ベルトの場合は、皮用クリーナーを使ってのクリーニングもおすすめです。
また、汗をかきにくいようにベルトの長さを緩めることも、ベルトを清潔に保つポイント。(指1本分ぐらい)

暑い夏はお気に入りの腕時計と一緒に乗り切りましょう!


腕時計修理はブローチ時計修理へ

ポリッシュ後の輝きで見違えるようにキレイになったCartier(カルティエ)パシャ2324

カルティエ(Cartier)修理事例

ブローチ時計修理工房神田店では「ロレックス」「オメガ」「カルティエ」「グランドセイコー」等のすべてのブランドに対応しております。「電池交換」「バンド交換」「ポリッシュ(外装磨き)」「オーバーホール」など、他店で断られた腕時計もお気軽にご相談ください。JR各線、東京メトロ神田駅西口から徒歩3分、淡路町駅6分、小川町駅徒歩8分とアクセス抜群です。

ジャガールクルト(Jaeger-LeCoultre)の腕時計のバンド交換

ブローチ(BROOCH)時計宝石修理工房蒲田店です。皆様は腕時計のベルト(バンド)交換を最近されておりますか?腕時計の革ベルトにとって、厳しい暑さになってきましたね。しかし、柔らかいタオルかクロスで優しく拭き取る等の簡単なケアを行い革ベルトを楽しんでる方は多くいらっしゃいます。また、もし劣化してしまっても革バンドは気軽にバンド交換ができて気分転換ができるの点もメリットです。ベルトを着せ替えれば気分も変わる。そうすれば、自分のパートナーとして腕時計をもっと好きになるのではないでしょうか。
皆様の大切な時計、末永く使っていただくためにベルト(バンド)も数多く取り揃えておりますのでお気軽にご来店ください。


フランクミュラー(FRANCK MULLER)

before
フランクミュラー(FRANCK MULLER)の腕時計のバンド交換 

after
フランクミュラー(FRANCK MULLER)の腕時計のバンド交換

フランクミュラー(FRANCK MULLER)修理事例

ジャガールクルト(Jaeger-LeCoultre)

before
ジャガールクルト(Jaeger-LeCoultre)の腕時計のバンド交換ジャガールクルト(Jaeger-LeCoultre)の腕時計のバンド交換

after
ジャガールクルト(Jaeger-LeCoultre)の腕時計のバンド交換ジャガールクルト(Jaeger-LeCoultre)の腕時計のバンド交換
ジャガールクルト(Jaeger-LeCoultre)修理事例

グッチ(GUCCI)

before

グッチ(GUCCI)の腕時計のバンド交換after
グッチ(GUCCI)の腕時計のバンド交換
グッチ(CUCCI)修理事例


Dバックルを使用するのもおすすめ

ブローチ時計修理工房神田店のバックルディスプレイ2

バンド交換をする際に、『Dバックル』という便利アイテムを合わせておすすめいたします。Dバックルは腕時計に装着する部品であり、革ベルトを金属ベルトの腕時計のようにワンタッチで留められるようにするものです。
金属ベルトは一般的に、尾錠がつながっていて輪状になっているため、腕時計を着脱させやすい構造になっています。しかし、革ベルトの尾錠は片側のみに付けられているため、ベルトを引っ張って尾錠に通し、ベルト穴につく棒を刺して装着しなければならず、装着時に誤って時計を落下させてしまう可能性があります。そのような革ベルトの時計のデメリットをカバーしてくれるのが、Dバックルです。

    時計ベルトもファッションのひとつ。貴方の大切な時計が、日々もっと輝くことでしょう。


    腕時計修理はブローチ時計修理工房へ
    オーバーホールを行うことで長く安心してカルティエパシャをご使用いただけるようになります

    カルティエ(Cartier)修理事例

    蒲田・川崎・田園調布で「ロレックス」「オメガ」「カルティエ」「グランドセイコー」等の腕時計修理に関しては、当店でお任せください。他店にてお断りさせた腕時計の修理も承っております。お気軽にご来店くださいませ。

    運営会社について

    閉じる