BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 蒲田店 > バンド(ベルト)交換はお任せ下さい【東京蒲田・ブローチ(BROOCH)時計修理工房】
スタッフブログ

ジャガールクルト(Jaeger-LeCoultre)の腕時計のバンド交換

ブローチ(BROOCH)時計宝石修理工房蒲田店です。皆様は腕時計のベルト(バンド)交換を最近されておりますか?腕時計の革ベルトにとって、厳しい暑さになってきましたね。しかし、柔らかいタオルかクロスで優しく拭き取る等の簡単なケアを行い革ベルトを楽しんでる方は多くいらっしゃいます。また、もし劣化してしまっても革バンドは気軽にバンド交換ができて気分転換ができるの点もメリットです。ベルトを着せ替えれば気分も変わる。そうすれば、自分のパートナーとして腕時計をもっと好きになるのではないでしょうか。
皆様の大切な時計、末永く使っていただくためにベルト(バンド)も数多く取り揃えておりますのでお気軽にご来店ください。


フランクミュラー(FRANCK MULLER)

before
フランクミュラー(FRANCK MULLER)の腕時計のバンド交換 

after
フランクミュラー(FRANCK MULLER)の腕時計のバンド交換

フランクミュラー(FRANCK MULLER)修理事例

ジャガールクルト(Jaeger-LeCoultre)

before
ジャガールクルト(Jaeger-LeCoultre)の腕時計のバンド交換ジャガールクルト(Jaeger-LeCoultre)の腕時計のバンド交換

after
ジャガールクルト(Jaeger-LeCoultre)の腕時計のバンド交換ジャガールクルト(Jaeger-LeCoultre)の腕時計のバンド交換
ジャガールクルト(Jaeger-LeCoultre)修理事例

グッチ(GUCCI)

before

グッチ(GUCCI)の腕時計のバンド交換after
グッチ(GUCCI)の腕時計のバンド交換
グッチ(CUCCI)修理事例


Dバックルを使用するのもおすすめ

ブローチ時計修理工房神田店のバックルディスプレイ2

バンド交換をする際に、『Dバックル』という便利アイテムを合わせておすすめいたします。Dバックルは腕時計に装着する部品であり、革ベルトを金属ベルトの腕時計のようにワンタッチで留められるようにするものです。
金属ベルトは一般的に、尾錠がつながっていて輪状になっているため、腕時計を着脱させやすい構造になっています。しかし、革ベルトの尾錠は片側のみに付けられているため、ベルトを引っ張って尾錠に通し、ベルト穴につく棒を刺して装着しなければならず、装着時に誤って時計を落下させてしまう可能性があります。そのような革ベルトの時計のデメリットをカバーしてくれるのが、Dバックルです。

    時計ベルトもファッションのひとつ。貴方の大切な時計が、日々もっと輝くことでしょう。


    腕時計修理はブローチ時計修理工房へ
    オーバーホールを行うことで長く安心してカルティエパシャをご使用いただけるようになります

    カルティエ(Cartier)修理事例

    蒲田・川崎・田園調布で「ロレックス」「オメガ」「カルティエ」「グランドセイコー」等の腕時計修理に関しては、当店でお任せください。他店にてお断りさせた腕時計の修理も承っております。お気軽にご来店くださいませ。

    運営会社について

    閉じる