BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 蒲田店 > 【東京蒲田西ブローチ時計宝石修理工房】時計修理専門店の腕時計電池交換とパッキン交換
スタッフブログ

腕時計の防水機能低下の原因のひとつは裏蓋パッキンの劣化です



こんにちは東京大田区蒲田西口のBROOCH(ブローチ)時計宝石修理工房のTです。
最近の夜はコートなしでは辛い寒さになりましたね。蒲田西口を歩く人の装いも冬装備に変わりつつあり、2021年も年末に向けて寒さと併せて体調管理のために乾燥にも注意したい季節となり、風邪予防など一層注意しなければならない厄介な季節です。
湿度や湿気、乾燥などといった人にとって厄介な変化は、お手元にある大切な腕時計にとっても天敵と言って良いほど厄介なものなのです。日常で愛用している腕時計はもちろん、しばらく着けていない腕時計や電池が止まったままの腕時計がございましたら、人間と同じく定期メンテナンスが必要です。
例えば、夏の間着けてしばらく着けていない腕時計や、大切に保管されている時計なども是非2021年の年末を迎え、大掃除などをされるタイミングなどで見ていただき、電池交換やオーバーホール(分解掃除)などの定期メンテナンスを考えていただければと思います。
上の写真は先日電池交換修理にお持ち込みをいただきましたエンジェルハートの腕時計です。
裏蓋を開けると内部にぐるっと白いシリコン製のゴムのようなものがございます。こちらが腕時計の裏ぶたパッキンです。腕時計の裏蓋パッキンは防水機能を保つための重要な役割を担うパーツです。
ゴムのような性質を持つため、経年劣化や電池交換時と他時計修理時に行う時計の裏蓋の開閉作業の度に形状が変化・硬化し、時計内部と裏ぶたの間に隙間が出来てしまい、水入りしやすい状態になってしまいます。
水入りを放置すると時計内部や文字盤と風防に曇りがでてしまい、時計表面の文字盤や針、インデックスや時計内部の錆びや変色が見られ、最悪大切な時計が故障し、修理できなくなる可能性もございます。

ブローチ時計修理工房では、大切な腕時計の裏蓋を開き、行う電池の交換に併せて、パッキンの交換を行うことが出来ます。角型や平たい特殊な形のパッキンにも対応可能ですので、是非これからも永く安心して時計をご使用されたい方にはオススメです。
大切な時計は、オーバーホール(分解掃除)や外装磨き(ケース・ブレスレットポリッシュ)等も診断のうえ併せて行うことが出来ます。オーバーホールの基本的なお見積もりは無料でございます。
大切な腕時計を何世代先へも継承し、大切に受け継ぎ、永くお使いいただける可能性も高まります。先ずはご相談からでも、お気軽にお問合せ下さい。

運営会社について

閉じる