BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 神田店 > 【BROOCH時計修理工房神田店】磁気帯びの原因や影響、対処方法についてお話致します
スタッフブログ

磁気帯びについて

オメガの時計修理はブローチ時計修理工房へお任せを

写真_OMEGA磁気抜き

今回は、磁気帯びについてお話しいたします。私たちの身の回りには、磁気を発している製品が沢山あります。例えば、電気製品(オーディオ製品のスピーカー部分など)や携帯電話、磁気ネックレス及び家具やバッグのマグネットなど、突然の「止まり」「遅れ」「進み」を生じた時は、磁気の影響を受けている可能性があります。磁気を発するモノは磁石だけではありません。電流が流れると磁石になる電磁石の周りでも磁気は発生しますし、電流が流れる電線の周りも発生します。時計を使用する際は、身の回りの磁石だけではなく、電気機器にも注意を払う必要があります。

磁気を帯びるとどうなるの?

アナログ式クオーツ時計は、強い磁気が発生する器具(スマートフォン、マグネット式ハンドバック、磁気ネックレス、磁気健康機器、電動遊具機器)などに時計を近づけると、一時的に時計が止ったり、時間が遅れたり、進んだりするなどして、時刻・カレンダーが合わなくなる場合があります。磁気帯びした機械式時計は、ヒゲゼンマイと連動するテンプの動作が常に不安定な状態になり、それが時計の遅れや進みにつながります。デジタルクォーツ式時計は、ゼンマイやモーターを持たないため、時刻表示への影響は起こらないです。ただし、方位計測機能を搭載したモデルでは、正しい方位を示さなくなる可能性があります。

磁気おびの対処法

写真_BROOCH時計修理工房神田店

個人でできる磁気帯びの簡単な調べ方は、方位磁針を使うことです。磁気帯びした腕時計は磁石の性質を持つため、腕時計の精度に影響を及ぼすほどの磁気帯びであれば、方位磁針を近付けるとなんらかの反応を示します。磁気を帯びていた場合は、磁気抜きが必要になります。磁気抜きの際はお近くの時計修理店へ行きましょう。

運営会社について

閉じる