BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 神田店 > ErnestBorel(アーネストボレル) Cocktail(カクテル) アンティークウォッチ ブローチ時計修理工房
スタッフブログ


この時計、ものすごくデザインが可愛くて真ん中のダイヤルが回転して、なんとなんと万華鏡となっているんです!!くるくる回って花火みたいでかなりワクワク感のある楽しい気分が味わえますよ!裏蓋はシースルーバックになっていてムーブメントの動きも目で見て楽しめます!!。アーネストボレルというブランドのカクテルウォッチと言うそうです。私も勉強不足で、このブランド知らなかったです。。

アーネスト・ボレルについて

このボレルやはり日本ではあまり馴染みがないようですが、長い歴史を持つロレックスやオメガと同じスイスブランドです。1856年、時計職人だった家族の影響もあり、美へのあこがれを胸に秘めたアーネスト・ボレル創設者のジュール・ボレルは、スイス西部にある時計製造発祥の地であるヌーシャテルで時計メーカーとしてのキャリアをスタートさせました。 1861年、ボレルの時計は国際的に知られるブランドとなり、このころは腕時計以外に、懐中時計、時計も生産しています。 1866年 Borel and Courvoisier社は、当時のスイス時計界で最大の権威をもつヌーシャテル天文台主催のコンテストで優勝し、世界的時計メーカーとしての地位を確立します。 1878年、Borel and Courvoisier社は、パリでスイスの時計メーカーとして初めて金賞を受賞しました。時計にプッシュ式リュウズ連動機構という画期的な技術が出現したのもこの時期です。 クラウンとピンでゼンマイを巻き上げる新しい機構は、従来の方法に取って代わり、腕時計製造史のマイルストーンとなり、 巻き上げ機構のギアやピン、プレートを改良して、アーネスト・ボレルの時計の精度と品質は飛躍的に向上しました。 若き日のアーネスト・ボレルは舞踏会で美しい女性と出会い、彼女をダンスに誘いました。リズム感よくステップを踏む若いカップルのエレガントさと睦まじさは会場全体の目を引き付け、 写真家はこのすばらしい瞬間を逃すまいと銀板に焼き付けたのです。このロマンティックなスナップ写真を見て、アーネスト・ボレルの心の中にアイディアがひらめきました。 一瞬の感動を永遠に伝えるため、「ダンス中のカップル」をモチーフにしてブランドのロゴマークをデザインしたのです。愛は時を超えて、永遠に生き続けます。と言う思いがあるそうです、とってもステキなアイデアですね!これを知ってるとロゴマークに対する思いも変わってきますね。

ムーブメントも美しいですね。この時計は着けるひとを選びそうですが、個性的なのでスタイルのある人や、これが良いと思ってセレクトする人が多そうですね!もしくはまだで出会ってなくて知らないと言う人も多いかもしれません、自分もそうでしたから。ですのでこの時計にも、探しておられるお客さまをつなげる手伝いが出来たら良いと思っています。このブログを見て気になってもらえましたら、ぜひ神田店へ足を運んでいただいて、ぜひ実物を手に取って御覧になって頂きたいです!お待ちしています。



BROOCH時計修理工房では、アンティークウォッチの販売はもちろんのこと!腕時計の電池交換、パッキン交換をはじめ、オーバーホール(分解掃除)ポリッシュ加工(外装磨き)、コマ調整、バネ交換、など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。
また、修理だけでなく革ベルトの販売、ベルトオーダーなどの販売も行っております。
アンティークウォッチの購入の際はBROOCH時計修理工房までお越しください。
大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

運営会社について

閉じる