BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 蒲田店 > [ロレックス」「オメガ」等のポリッシュはお任せ下さい【東京蒲田・ブローチ(BROOCH)時計修理工房】
スタッフブログ

ROLEX(ロレックス)エクスプローラーⅡ ref.16570のポリッシュ前、フェイス
BROOCH(ブローチ)時計修理工房蒲田店です。腕時計は使っているうちに、テーブルの角などにぶつけてしまい使用キズがついてしまいます。使用キズがついてしまうと全体的に曇って見えてしまいますよね。日差くて腕まくりをする季節の夏こそ、ピカピカの腕時計を付けて腕元をより輝かせてほしい!どうしたら小傷を綺麗にできるのか?それは「外装磨き(ポリッシュ)」を行うと新品同様の輝きが蘇ります。本日はポリッシュ事例のご紹介です。


before

OMEGAレイルマスターのお預かり時の側面です。
OMEGAポリッシュ・オーバーホール事例
こちらのオメガ13年間ご愛用の腕時計ですので、長年のご愛用の証でもある小キズ、スレが随所に見られます。メンテナンスでオーバーホールと同時に、キズを美しく仕上げ直す外装磨き(ポリッシュ)もあわせて承りました。

after

OMEGAレイルマスターの作業完了後の写真です。

見てください!ここまではっきりとピッカピカになります。ケースのラグ部分の捻りのある箇所のヘアライン加工に挟まれたグロス加工(鏡面仕上げ)の部分が最高にコントラストが効いていて、とても美しいです。


ポリッシュ(外装磨き)とは

オーデマピゲ(AUDEMARS PIGUET)ロイヤルオークの腕時計のポリッシュ
オーデマピゲ(AUDEMARS PIGUET)ポリッシュ事例
ポリッシュ(外装磨き)とは、ケースブレスの表面を磨き加工することです。深いキズは目立たなくなり、スジもきれいになります。ピカピカになった腕時計をすると背筋が伸びて仕事のやる気も上がりますね!見た目がきれいになると、この時計を買った時の幸福感が再び蘇り、気持ちも晴れ晴れするはず。もちろん、「この傷は思い出があるからここだけは残してほしい!」ご要望も承ることもできますのでご安心ください。ブローチ時計修理工房では、ケースのみ、もしくはブレスレットのみの磨きで¥6,600円(税込)~。両方ご注文いただくと¥11,000円(税込)~より承っております。
以下、他ブランドの修理事例も併せてご覧ください。


before

ROLEX(ロレックス)エクスプローラーⅡ ref.16570のポリッシュ前、リューズ側

after

ロレックスの時計修理はブローチ時計修理工房へ

ロレックス(Rolex)ポリッシュ修理事例


before

ティソ(TISSOT)PRC 100 の時計のポリッシュ前、ケース

after

ティソ(TISSOT)PRC 100 の時計のポリッシュ後のケース

ティソ(TISSOT)ポリッシュ修理事例


before

傷だらけのGrandSEIKO(グランドセイコー)のケースも磨けば輝きを取り戻します。

after

傷だらけのGrandSEIKO(グランドセイコー)もポリッシュでピカピカになります。

グランドセイコー(GrandSeiko)修理事例


蒲田で腕時計修理はブローチ時計修理工房へ

蒲田で時計修理はブローチ時計修理工房にお任せを
皆様には大切な腕時計に困りごとがあった際のメンテナンスショップはございますでしょうか。蒲田で「オーデマピゲ」「ロレックス」「オメガ」「カルティエ」「セイコー」「ティソ」等、の修理はブローチ時計修理工房にお任せ下さい。他店にて断られた時計も修理を承っております。これから夏に向けて、ピッカピカに外装磨き(ポリッシュ)の仕上げ直しをして自然光や室内の蛍光灯でキラキラ反射させてみてはいかがでしょうか。

運営会社について

閉じる