BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 神田店 > 【東京神田・ブローチ(BROOCH)時計修理工房】お客様の個性的な時計を紹介します①
スタッフブログ

ブローチ 時計修理工房 神田店 内装

BROOCH(ブローチ)時計修理工房神田店です。神田店はオープンしてから3ヶ月が経ちました。僅か3ヶ月ではありますが、沢山の時計を修理させていただきました。その中で出会った個性的な時計を紹介させていただきます。

エルメス ケリーウォッチ

エルメスの電池交換

今回紹介するのは、フランスを代表するファッションブランド、エルメス(HERMES)のケリーウォッチです。
形見の時計で、動かせるならまた使いたいと電池交換にお越しいただきました。
ブレスレットに南京錠(カデナ)型の時計が付いた、可愛らしく個性的な時計ですね。

エルメスの歴史

エルメスの電池交換とOH相談

エルメスは、1837年に創業されたフランスの高級ブランドです。
創業当時のエルメス社は、パリのマドレーヌ寺院界隈で馬具工房として事業を始めました。その後、自動車の発展による馬車の衰退を予見し、鞄や財布などの皮革製品に事業の軸足を移し、今日までの成功に至りました。
現在でも馬具工房に由来するデュック(四輪馬車)とタイガー(従者)がロゴに描かれております。主人(馬車に乗る人)が描かれていないのは「エルメスは最高の品質の馬車を用意しますが、それを御すのはお客様ご自身です」という意味が込められているからなのです。

エルメスのキーアイコン「ケリー」の時計

エルメスの電池交換とOH相談

ケリーウォッチとは、エルメスの高級バッグ、「ケリーバッグ」のカデナ(南京錠)を時計に置き換えたユニークなデザインの時計です。
そもそも「ケリー」とは、エルメスのアイコンバッグの1つとして知られ、1935年に誕生したときは「サックアクロア」という名称でした。モナコ王妃のグレース・ケリーがパパラッチから妊娠中のお腹を隠したバッグとして有名になり、1955年ごろからグレース・ケリーにちなんで「ケリー」と改名された歴史があります。
誰もが憧れるエルメスならではのモチーフは、コーディネートに取り入れるだけで圧倒的なステータス感を漂わせ、腕の動きに合わせて時計が上品に揺れる様子は女性らしさを演出してくれます。

腕時計のメンテナンスはBROOCH時計修理工房へお任せください

BROOCH時計修理工房 神田店 外装

個性的な時計紹介第1段はエルメス ケリーウォッチでした、いかがでしたでしょうか。手元で揺れ動く、そしてブレスレット感覚で楽しめる時計は、個性的でお洒落なアイテムですね。
今回の電池交換の修理の様子はより詳しく以下に掲載しております。是非御覧ください。

エルメス(HERMES)ケリーウォッチ 電池交換 オーバーホール 相談

電池交換やオーバーホール、その他時計に関するお困り事がございましたら、ブローチ時計修理工房神田店までお問い合わせください。お待ちしております。

運営会社について

閉じる