BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 神田店 > 【東京神田・ブローチ(BROOCH)時計修理工房】ハンドクリームと腕時計に関するお話
スタッフブログ

ブローチ 時計修理工房 神田店 内装

BROOCH(ブローチ)時計修理工房神田店です。
2月も後半に差し掛かり、立春から2週間が経過しようとしていますね。日差しに温もりを感じつつも、まだまだ寒く、乾燥した時期は続きそうです。
そこで今回は、この時期大活躍のハンドクリームと腕時計のお話をします。

ハンドクリームと腕時計

【東京神田・ブローチ(BROOCH)時計修理工房】ハンドクリームと腕時計

皆様、ハンドクリームはお使いになられていますか?
乾燥の時期はもちろん、通年で使用されている方も多いと思います。お手元には欠かせないハンドクリームは、タイミングによって時計に悪影響を与えてしまうことがあります。特に手巻きの時計だと、時刻調整をしたり、ゼンマイを巻き上げたりと、時計に触れる機会がより一層多くなりますよね。
私が皆様にお伝えしたいことはハンドクリームをつけるタイミングと、時計の簡単なケアです。

付けるタイミングとケア

【東京神田・ブローチ(BROOCH)時計修理工房】ハンドクリームと腕時計
私の朝のルーティンは、以下の流れです。

肌のお手入れ → メイク → 手を洗う → 時計・ジュエリーのお手入れ → 時計・ジュエリーを身に付ける → ハンドクリームを塗る

ここでのポイントは、汚れた手で時計やジュエリーに触れないということ。そして、最後にハンドクリームを塗るということです。
ハンドクリームに限らず、時計が汚れに晒される危険性というのは毎日訪れます。日々の積み重ねでひどく汚れてしまったり、固着してしまうこともあります。必ず清潔な手で、時計やジュエリーに触れてください。
また、装飾を身に付けた後にハンドクリームを塗りますが、私のように日頃から時計を触ったり、お仕事上、お客様のものに触れる機会が多い方もいらっしゃいますよね。そういう方がどうしてもハンドクリームを付けたい場合には、手の甲側にだけ薄く延ばして塗るという方法もオススメです。
もし時計にハンドクリームが付着してしまったら、すぐに拭き取りましょう。

腕時計のメンテナンスはBROOCH時計修理工房へお任せください

BROOCH時計修理工房 神田店 外装

いかがでしたでしょうか。今回はハンドクリームと時計に関してお話させていただきました。
時計には綺麗な状態の手で触れて身に付け、ハンドクリームはその後に塗る。そして1日の最後には、今日も一緒にありがとうとクロスで軽く拭き、また綺麗な状態にしてあげてください。汚れてからですと、時計の洗浄は簡単に行えないため、日々のケアが大切になります。
ブローチ時計修理工房では、時計のあらゆる修理を承っております。
電池交換やオーバーホール、その他時計に関するお困り事がございましたら、ブローチ時計修理工房神田店までお問い合わせください。お待ちしております。

運営会社について

閉じる