ロンジン(LONGINES)L46352のオーバーホール修理

修理ブランドLONGINES ロンジン

ロンジン(LONGINES) Ref.L46352 オーバーホール(分解掃除) 修理

 ロンジンは、今でこそオメガ・タグホイヤーなどに知名度は劣るかもしれませんが、当時の時計界における知名度は現代のロレックスに匹敵するほどであり、誰もが知る時計ブランドとしての名声を獲得していました。

ではなぜ、その知名度が下がってしまったのか。

 それは、「セイコー」が発明したクオーツ時計による、クオーツショックにより時計業界は大打撃を受け、ごく一部の有名ブランドを残して休眠・倒産が相次ぎ、パイロットウォッチの雄として名声を博したロンジンも倒産こそ免れましたが、大幅に規模縮小を余儀なくされ、1983年には現在の時計界の最大勢力スウォッチグループに買収され、グループ企業の一員となったからといえます。
それほど、クオーツ時計の発明は時計業界に激震を与えたのです。
ですが、ロンジン本来の技術力が下がったわけではありませんのでご安心を!

それでは本題に戻り、まずはオーバーホールから!

オーバーホール手順

まずはオーバーホールですが、オーバーホールとは、分解・点検・洗浄・注油・組立という作業の事をいいます。(メーカーによってはポリッシュ加工(外装磨き)もオーバーホールに含まれるメーカーもあるそうです)

1、分解・点検作業
 まず最初の工程は、時計を分解しながら故障個所やパーツの減り具合いなどを徹底的に点検しながら分解します。(時計内部のパーツだけではなく、パッキンや各ピン、クラスプなど全て)分解・点検作業の時点で組み上がり後の精度は、ほぼ決まっているといっても過言ではありません。お客様が普段ご使用されている際に気になる点や、異変も考慮しどの部分が原因で不調になっているかなど確認しながら作業します。

2、洗浄作業
 長年使用されて付いた汚れはそう簡単には落ちません。ブローチ時計修理工房では、専用の洗浄機(パーツ)・超音波洗浄機・ベンジンという特殊な液体で洗浄します。時計内部の汚れには古くなった油、塵、パーツの摩耗による鉄粉、繊維など様々な汚れが付着しています。時計の機械はとても精密に作られていますので、この汚れのどれも時計機械を動かす為の弊害になってしまいます。洗浄作業の際もパーツの点検は怠らず行い徹底的に洗浄します。
 そして、ケースを洗浄し防水検査を行います。パッキンの劣化やケース・裏蓋の歪みなどで防水は損なわれます。防水検査専用の機械で気圧をかけ時計内部に水が浸透しないか検査をし、必要であればパッキンの交換、歪み調整を行います。

3、注油・組立作業
 すべてのパーツを綺麗に洗浄した後は、各所に新しい油を注し組み上げます。ゼンマイ輪列アンクル穴石ローター・パーツ同士が擦れ合う箇所など、時計を動かす上で力のかかる部分や擦れ合う箇所に全て油を注します。油にもそれぞれ適した種類があり、ゼンマイなどの力が強くかかるパーツには重い油(粘り気の強い油)を使用し、ローターのベアリングなど高速で擦れ合う部分には浸透性が高く潤滑性の高い油(さらっとした軽い油)を注します。
 組立ながら各所に油を注していくのですが、段階に分けて組み上げその都度精度点検をします。こうすることで段階ごとの精度が分かるため、不具合が見つけやすいという利点があります。すべてのパーツを組み上げ油が馴染んでいくと時計機械は正確な時を刻み始めます。
 しかし、まだ安心は出来ません!時計機械の精度が良くても、ケースに収め裏蓋を閉めると精度が変わることもしばしばある為、最後の最後まで気を抜くことなく点検・調整の作業は行われます。その後、時間調整(一日の進み遅れ)、稼働日数など数日観察し問題がなければ、オーバーホールは完了します。
 我々としましては、お客様の手元に届き何年後かに「またオーバーホールをお願いしたい」というご依頼をいただいて本当のオーバーホールという作業が完成されると思い、日夜作業に取り組んでおります。

ロンジン6325のオーバーホール外装磨きをするなら新潟万代ブローチ時計修理工房

~ブローチ時計修理工房で行える修理・作業!~

 当店では、電池交換はもちろん、オーバーホール、外装磨き、ベルト交換、ベルトの長さ調整(穴あけなど)、磁気抜き、水入り(ガラスの水滴)の除去・乾燥などの各種修理も承っております。また、破損した部品のお取り寄せして交換させていただくことも可能です。

ご使用の時計に何かありましたら新潟市紫竹山のbrooch(ブローチ)時計修理工房へお越しください。

 

BROOCH時計修理工房 紫竹山店 新潟県新潟市中央区紫竹山3丁目8-33 TEL 025-246-0007

BROOCH時計修理工房 万代シティ店 新潟県新潟市中央区万代1丁目6−1 シティバスセンタービル 2F TEL 025-246-0007

オーバーホール ¥25,300(税込)