BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 神田店 > 【東京神田・ブローチ(BROOCH)時計修理工房】お客様の個性的な時計を紹介します③
スタッフブログ

ブローチ 時計修理工房 神田店 内装

BROOCH(ブローチ)時計修理工房神田店です。今回もまた、個性的な時計と出会ってしまったので皆様にご紹介させていただきます。
今までの記事をまだ見ていない方は是非下のリンクから御覧ください。
【東京神田・ブローチ(BROOCH)時計修理工房】お客様の個性的な時計を紹介します①
【東京神田・ブローチ(BROOCH)時計修理工房】お客様の個性的な時計を紹介します②

シチズン(CITIZEN)アナデジテンプ

シチズン(CITIZEN)アナデジテンプの腕時計の電池交換

今回紹介するのは、シチズン(CITIZEN)アナデジテンプ(ANA-DIGI TEMP) FIGURE です。
電池交換のご依頼でお越しくださいました。
アナデジテンプとは、1980年代に登場し人気を博したCITIZENの時計モデルです。アナデジテンプの名前は、「アナログ」「デジタル」「テンプ(温度)」の3単語から由来します。
その名機をTiCTACのメンズオリジナルレーベル、Movement in Motion (ムーブメント・イン・モーション)が復刻モデルとしてアレンジしたものが、今回お持ちいただいた時計です。

そんなアナデジテンプですが、私が考える個性的ポイントは2つあります。

アナデジテンプの個性ポイント2つ

シチズン(CITIZEN)アナデジテンプの腕時計の電池交換

1つ目は、やっぱり見た目です。1980年代に登場した40年前のデザインと言われればそんな風にも見えますし、むしろ近未来な部分も感じます。レトロフューチャーという言葉がぴったりでしょうか。また、このメカメカしいガジェットでありながら、シュッとした厳つくないところも目を惹きます。
2つ目は、温度計測機能です。名前にもある「テンプ」は温度から来ていて、この時計は温度(気温)を測ることができます。それ必要なのかと疑問を感じる機能ですが、必要不可欠でないものを搭載しているところにユーモアがあり、
ユニークさを感じますよね。

腕時計のメンテナンスはBROOCH時計修理工房へお任せください

BROOCH時計修理工房 神田店 外装

個性的な時計紹介第3段はシチズン(CITIZEN)アナデジテンプでした、いかがでしたでしょうか。見た目も機能も遊び心をくすぐる素敵な時計でしたね。
今回の電池交換の修理の様子はより詳しく以下に掲載しております。是非御覧ください。

シチズン(CITIZEN)アナデジテンプの腕時計の電池交換

電池交換やオーバーホール、その他時計に関するお困り事がございましたら、ブローチ時計修理工房神田店までお問い合わせください。お待ちしております。

運営会社について

閉じる