BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 阿佐ヶ谷店 > 【東京阿佐ヶ谷・ブローチ時計宝石修理工房】腕時計が止まってしまう、磁気帯びについて
スタッフブログ

ブローチ時計修理阿佐ヶ谷店の内装

BROOCH(ブローチ)時計修理工房阿佐ヶ谷店です。私たちは「刻まれた想い出を直す」スペシャリストとして、皆様のその時計を持った想い出や、共に駆け抜けた人生のストーリーを教えていただいております。
当店では最近「腕時計が止まってしまった」とご相談にご来店されるお客様がいらっしゃいます。その原因が「磁気帯び」であることがあります。
本日は少しでも大切な腕時計が磁気帯びしないために、日常生活で気を付けるべき物をご紹介いたします。


そもそも磁気帯びとは?磁気帯びによる影響は何か。カルティエサントスの修理はブローチ時計修理工房へ

写真は「カルティエサントス」です。磁気帯びとは、時計が磁気を持ってしまう状態です。磁気帯びしてしまった腕時計は、正確な時間を刻むことができなくなり「一時的に時計が止まる」「時間が遅れる」「時間が進む」ことがあります。そのため、時刻やカレンダーが合わなくなる場合があります。クオーツ時計は最悪、止まってしまう事もあります。
「日常生活でそんなに意識できないよ」とおっしゃる方も多いですが、一般的に身の回りの磁石や電化製品より「5cm程度」離すだけでほどんど影響を受けなくなるといわれておりますのでぜひ習慣化していただきたいです。習慣化されたお客様は、そこまで苦にならないとおっしゃっておりました。

身の回りの磁石や電化製品とはどんなものがあるか



気を付けていただきい日用品は以下となります。(写真は「オメガシーマスター」を磁気抜きしている様子)
直流磁気:マグネットを使用した製品から発生】
・携帯電話(スマートフォン)
・スピーカー(イヤホン・オーディオプレーヤー・PCスピーカーなど)
・健康磁気製品
・IH調理器 など

交流磁気:家電製品全般
・ACアダプター
・電気かみそり
・冷蔵庫
・洗濯機
・電子レンジ など

IH調理器は強力な電磁石そのものであるため、時計にとっては磁気の大敵ボスといえるでしょう。そのため、(数少ないとは思いますが)料理教室等でくれぐれも時計をしながら料理をしないようにしてください。
基本的に時計は本来磁気に弱いので、上記以外の機器といわれれているものにはできる限り近付けないように気を付けてください。


日常生活するうえで、物が発する磁気はごく微量のため人体への影響はありません。しかし、腕時計にとっては大敵です。腕時間は少量の磁気でも簡単に狂ってしまう事に注意が必要です。少しだけでも心がけることで、腕時計への影響を少なくできるのです。
※ブローチ時計修理阿佐ヶ谷店では磁気を帯びてしまった時計を店頭にて磁気抜きを行っております。お気軽にお問い合わせくださいませ。

運営会社について

閉じる