OMEGA アクアテラ 修理 オーバーホールとポリッシュ。

修理ブランドOMEGA オメガ

OMEGA アクアテラ CAL2500 コーアクシャルのオーバーホール依頼をうけました。オメガのコーアクシャルエスケープメントという独自の技術を詰め込んだムーブメントです。本来このムーブメントは頻繁にオーバーホールしなくてもよいように設計されているのですが、、、

お客様からお預かりした際の症状としては「ローターが回らない」との事、ローターが回らない=ゼンマイの巻き上げが出来ない=時計が動かない!と言う事です。持ち込まれました。

注意深く裏蓋を開けてみると、ローターの中心部分の芯に搭載されているローターベアリングが破損していました。これはどうしてもパーツの交換が必要でした。パーツ交換をして伴ってオーバーホールの作業も行います。ローターのベアリングでゼンマイの巻き上げを確かめる意味もあります。

オメガomegaのオーバーホールはBROOCHブローチ新潟時計修理工房へ時計師在中で早くて正確しかもリーズナブル

内部を分解していくとローターが壊れたためか、ヒゲゼンマイにも異常が見られました。(ローターが外れたりガタツキがひどくなると、ローターがヒゲゼンマイに当たり壊してします事があります。)

テンプと言われる時計の心臓部分を動かすヒゲゼンマイは自動巻きや手巻きの腕時計の精度を担保するためにはとっても重要なパーツです。このままでは時計の時間の精度に影響が出てしまうので、修正が必要になります。

オメガのヒゲゼンマイを修正ブローチ新潟時計修理工房オメガのオーバーホールはBROOCH新潟ヒゲゼンマイの修正も行います

上の写真を見比べてください。左(上)の写真ではヒゲゼンマイの外ひと巻きが、均等な巻になっておらずヒゲゼンマイに狂いが出ているのが見えると思います。ヒゲゼンマイは時計の精度を司るテンプを動かすゼンマイですから均等な巻になっていなければなりません、ひげゼンマイは均等な巻でなければ時計は正確には動いてくれません。

因みに今回のオメガは横に広がっているだけではなく、縦にも狂いがでていました。ローター破損は時計内部の色々な所に悪影響を及ぼしていました。

オメガもそうですが日常使い用にデザイン設計されている時計は内部で多少問題があっても動けます。耐久力がある様に作ってあるので動けます、ですが、その問題点を長期間ほそのままにして動かし続けると、後で重大なトラブルに発展する場合もあります。今回はオーバーホールと少しのパーツ交換で対処できたので良かったのですが、、、という事でメンテナンスは定期的に行うことをお勧めいたします。

本題もどって

右の写真が修正後です。ヒゲゼンマイはバネの様な鍛え上げられた非常に小さなパーツですので、フォルム修正にはちょっとした集中力と熟練の技術を要するデリケートな作業になります。

オメガ特有のコーアクシャルエスケープメントシステムの時計ムーブメントを組み上げて精度を確認、良い感じに仕上がってくれました。ケースを磨いて完成です。

オーバーホール料金 ¥23.000   ポリッシュ料金 ¥8.000   オメガ純正パーツ料金 ¥7.000